マテリアル情報

ニューモデル、グラススキー❕

皆様、いつも、ありがとうございます。

今日の氷河は雨かもしれませんが、行ってみないと解りません。GSがんばります。早くグラススキーやりたい…

さて、グラススキーはニューモデル完成!🌠このホームページ内、製品情報で詳細あります。お買い得品、割引などご相談ください。

冬のスキーもニューモデル、旧モデル、絶賛販売中です。お問い合わせおま


DSC_0362

オフトレ最終段階 グラススキー最高傑作 完成

皆様いつもありがとうございます。 2013MSUG.JPG
2014DLWH3DRmaxSPEEDmm(3Dロッカー、マックススピード、前だけメガトンフレーム) 限定テスト先行発売のお知らせ 最大の特徴は15㎜から10㎜高さが低く、現行のFISルールを大きく下回る低いサイズながら、速いタイムで滑ることも、セットが難しくゆっくり滑ることも、自由自在に操ることができます。 77㎝ 82㎝では15㎜低い105㎜で設計 87-91-96-102-107では109㎜で設計 DLWHの幅広いテスターからの結果で、同じ長さの120㎜モデルよりも恐怖なく1秒も速く滑れることや、また、ターンの深さを調整して1.5秒もゆっくり滑ることができる!(これは従来のグラススキーにはなかった事です)等と、3Dロッカー発明の時以上の大きな変化を作ることができました。 今までどうしてもスタンスを狭くできなかった少年少女も狭くできます。レベルに応じてゆっくり滑ることができます。 WCや世界選手権でトップ選手が同じスキーを使い優勝することもできます。 DLWH史上最高傑作です。 限定10台、テスト特価販売 49,800円(税込)*プレートのみイレギュラーな仕様 各地で試乗もできます。 詳しくはお問い合せください。 2013testski2.JPG
そして、 DLWHグラススキーはこの程その性能が特許となり認めていただきました。 皆様のおかげです。 どうもありがとうございました。 2013特許証.jpg オフトレもあとわずかですが、諸々ご相談ください。 20131010SG表紙.jpg  

世界初!脚をそろえて滑れるようになる!3Dロッカーグラススキー限定新発売

2012rocker.jpg従来、性能的な左右がなかったグラススキーに、左右の足がパラレルに角付けできる
プレートの前後左右の形が非対称なグラススキーが新発売となりました。

今後、DLWHロッカーシリーズは、種目別、目的別にラディウスや、ロッカー形状など、
スキーの種類別に様々に変化させる事ができる、オーダーメードロッカーシステムを採用していきます。
ご不明な点は「DLWHマイスター」の職人たちにご相談ください。

3Dロッカーの特徴は、従来スキー形状のロッカー仕様に加え、プレートに「右側用」「左側用」を使用して、インエッジ側が高くなり操作ができるようにしております。
(イン7mm アウト6mm)7mmは従来のSL  6mmは従来のGS
これは、O脚 X脚 癖のない脚の全てに好転反応が期待できる画期的な形です。
なぜならグラススキーは
エレメントとレールの間に構造上の隙間が必ずあり、従来インエッジ側が低く角付けされてしまっていたからです。 これらが多くの操作に不具合を発生し、アルペンスキー愛好家の良くないフィーリングにつながっていました。
3Dロッカーのグラススキーは、FISポイント100点以内 SAJポイント50点以内の選手であれば、最初からゲート練習が冬と同じフィーリングでバランス良くできるくらいの乗りやすさがあります。
(トレーニングは最初必ずご一緒に行いましょう)

DLWH XC-X アイスエレメント3Dロッカーフルカーボン 長さ 70cmから107cmまで
2013年先行販売特別テスト価格 49,800円
また、今期ロッカースキーをお買い上げいただいている皆さまには、ご来店か、ふじてん他ご来場いただければ、無償でテストピーづをプレゼントさせていただきます。
飛鳥井コーチ、新谷コーチを捕まえてください。

現定数、プレート左右3000枚ずつ
スキーのフルセット 60ペアー

プレートはGSハイスピードプレートがめー巣になっておりますが、
素材の変更と、圧入面の強化で、外れない構造になっていて、更に、接着剤たまりも併用できてヨーロッパのシーンでも外れません。プレートの硬さと、地面へのタッチの滑らかさの両立が図られていますのでご安心ください。

ご連絡、お問い合わせは
asukai@dlwh.jp 090-3043-9836

yukiyo@dlwh.jp
shintani@dlwh.jp 090-2784-4015

また、3Dロッカー売り上げの記念として収益は選手強化対策の合宿と新しい用具の開発に全費用を使わせていただきます。

皆さまの滑りのスタイルが「がらっと」変わり、怖さなし、スピードに負ける事なしの想い通りの操作ができるようになります。
七ヶ宿や世界のピッチのようなシュツエーションでも冷静に捜査を続けて安全に降りる事ができます。
どうかお使いいただき、グラススキーの新しい境地を新しいグラススキーヤー達に広めてください。そして、DLWHグラススキーでは、ECOグラススキー等19800円からの最新モデルのほか、上達の為の限定機種を数多く取り揃えております。
どうかよろしくお願い足します。
2012miyahai.jpg

先行限定発売、日本代表モデルグラススキーとJr世界選手権ドイツ大会遠征

 2012senshu.jpgこの度、2013日本開催世界選手権を目指して、日本を代表するグラススキーヤー達への応援として、
DLWH WC-Xロッカー「ジャパンフラッグシップ」モデル 先行販売をさせていただきます。
日本代表の選手達の応援の為、どうか皆さまのご声援をよろしくお願いいたします。
仕様
呼び名長さ SL 82cm 87cm 91cm 
      GS 102cm 107cm 112cm (96cmはウッドカラーがメタリックレッド単色になります。)
プレートの色 ホワイト(ご購入の方へプレートの他のモデルへご使用をしないお願いをさせていただいております)

全てロッカー仕様です。(長くもターンがしやすく、従来よりも前傾ポジションで滑れます)
来季の本発売の際にはベルトの色がホワイトとなります。

価格 59,800円(税込 全サイズ)今期限定10台 受け付け開始 2012年8月1日
最短納期 2012年8月20日

2012GER.jpg
私は、先のオーストリア・チェコ遠征から帰国した後、Jrの代表選手達の合宿で斑尾高原スポーツアカデミーの皆様に大変お世話になりながら、練習をさせていただいておりました。選手達への餞別などもありがとうございました。
そして、
ドイツへ…
現在ジュニア女子の第一人者 リンダ・ゴルドナーのファミリーにご案内いただきました。(左)
到着後、リンベルグの歴史的な町並みを観光しながら、ドイツの洗練された風景を勉強させていただきました。
2012ger10.jpgこのように、無垢の木を露出して組み合わされ、隙間を土で埋めるスタイルは、レンガ造りのヨーロッパスタイルとは一線を画し、とても特徴的な雰囲気となっております。
2012ger2.jpg
良いお天気でした。2012ger3.jpg
そしてアイスクリーム屋さん2012ger5.jpg
おじさまに買ってもらい、2012ger6.jpg
フローリアンのお兄ちゃんの娘…
2012ger7.jpg
0.8EUROの幸せ…
2012ger8.jpg
決戦を前に、心がなごむ…
2012ger9.jpg

はたして通用するのか…
これから、
アルテンセールバッハに練習へ行きます。

グラススキー新時代到来!ロッカー仕様で楽しさ大幅アップ

2012rocker.jpgロッカー仕様グラススキー 作業工賃のご案内

従来のグラススキーは、前後方向の真ん中にアンダーカーブ(ラディウス)のトップ、
スキーセンターがありました。
ロッカー仕様のグラススキーは、
レールのプレス加工のやり直しによりセンター位置を後ろにずらし、
前後にそれぞれの非対称ラディウスを加工
ウッド、ステップの位置の変更をすることで、
スキートップとテールの地面からの高さを平均で11mm程度、トップをテールよりも高くします。
従来に比べ、ターン後半の大幅なグリップアップ、
ポジショニングの前方への移動が可能となり、
雪上と同じようなターン感覚で運動ができます。
また、従来よりも長い長さの安定したグラススキーで従来よりも小さなターンができます。
これが、ロッカー仕様のグラススキーの一番大きな特徴です。

ストレートラインによるスピードテストで従来のスキーよりも遅いタイムは記録されず、
スキー操作の最適化によりテスター全員がゲートライディングで大幅なタイムアップを記録しました

基本料金

2012モデルの新作ロッカー仕様 3,150円

2011以前のモデルのロッカー仕様化工賃
フレーム(レール ウッド ステップ)の状態からの場合 3,150円
完成状態(フレームにエレメント、ベルト、プレートが付いた状態)からの場合 5,900円
完成状態からビニールまで 6,900円

ロッカー仕様にする場合、
デフォルトのウッドよりも短いウッドが必要です。
持ち込みのウッドの最適化 500円
現在のお客様のウッドを下取りさせていただき、
SHIORIモデルのウッド新品 1本 1,900円(カラーは弊社指定)
USED2011モデル(若干傷あり)1本 1,000円(メタリックレッド)
2012モデルの新品 1本2,900円 (メタリックブルー)

レールの長さを変える場合、
現在のお客様のレールを下取りさせていただき、
カーボンレール 1本7,900円
USEDカーボンレール 1本4,900円

エレメントセットを新アイスエレメントに全交換したい場合、
お客様のエレメントセットを下取りさせていただき
1ペアー新品22000円 

ベルトを交換したい場合
下取りさせていただき
1本 1,500円

とさせていただきます。

皆さまのご利用を心よりお待ちしております。

本日のグラススキー用具のノウハウ…

 今日からは斑尾高原でSG8月号の撮影です。 もうすぐ6月10日に7月号が発売されます。どうぞご購読ください。 昨夜も遅くまで、 グラススキー制作の作業が続きました。 今日からの撮影と練習で使う、岡田利修選手のスキー、多回り用小回り用 特別市販されているものと違いはありませんが、 市販されているものを含めて、 DLWHグラススキーでは、長さごとに4種類のウッドの硬さ(重さ)を用意しています。 例えば、85cmのウッドは300g前半から400g後半まで重さ(硬さ)にばらつきがあります。 軽い方から1番から4番まで番号をつけて一般的には2番3番を体重などで判断して選定します。 岡田選手の場合、4番の中でも、500g級の物を特に選んで使っています。 起世選手や飛鳥井コーチは3番です。 次は芦田デモのスキー 特にかっこよく作っています。 なつきパパのスキー 経年でウッドが逆ぞりしてしまったので、当時にはなかった技術でフレームを「順ぞり」方向に加工して、経年しても逆ぞりしないようにし、スペーサーを斜めにしてステップ内のレールにもラディウスをつけ、 ファイバーグラスガードをウッドマウントからレールマウントに変更しました。 ウッドは最新型のものに交換しました。 工賃込で8,800円です。 たっちゃんのスキー アンダーカーブの変更です。 同様にフレームを「順ぞり」方向に加工、スペーサー加工、ウッドの前後を切削、センターにプラバンを挟み、カーブが2mくらい小さくなるように加工しました。画像のようなきれいな「R」を出すのはj熟練した技術と「勘」が必要となり、簡単ではありません。その時代のセットに合わせて、臨機応変にRを変えることも重要です。 今日からは イマジネーションの勝負です。

今日のグラススキー作りとグラススキーマテリアル最新情報

 今週は木曜日から撮影があるので、週の前半にグラススキー作りの作業を集中しています。 ちさのちゃんのスキー DLWH ECO 55cm 19,800円です。 まだ小学校2年生なのに、すごく積極的に習って滑ってくれます。 さゆりちゃんのスキー DLWH ECO 70cm 29,800円 4年生なので70cmが初めてのマイスキーとしては最適です。 この2人は体重が30kg未満なので、 ECO50mmエレメントの上に48mmプレートを使わせていただいております。 通常、エレメントがプレートからはみ出た部分が地面にあたり横滑りの原因になるのですが、 体重が軽いと、スキーが地面から浮くのでその心配がないのと、 少しでも軽いプレートを使い(5g)負担を軽くしてあげたいからです。 また、 この2人のスキーに限らず、今回よりDLWHの「ガード」は全て、 「フレームマウント」にしました。 ウッド上にねじで固定すると、極端に操作性やグリップが悪くなり振動を受けて転倒やけがの可能性があるからです。 今まで気がつかなくてすみません… なおくんのスキー DLWH WC-Xレギュラー 77cm 定価56,800円をTEAMメンバー割で・・・ まだ経験は浅いのですがジャンジャン ゲートを滑っているので、 48mmエレメントでより雪上に近い感覚で滑ってもらいたいと願っております。 また、スポーツモデルウッドは今回よりステップ下にプラバンを挟み、 アンダーカーブを1mくらい小さくして従来よりターンをしやすくしました。 狭くなったSLゲートへの対応や、そもそもグラススキーには現在スピードよりも操作性を求められていることから、 80cm以上の長さ同様、曲がりやすいスキーを作る方針を、 スポーツモデルにも採用しました。 (エントリースポーツはウッド形状が違うため違った工夫で同様の性能を追求しています) グラススキーの構造上の知識が、滑りを変えることもあります。 何かご不明な点がございましたら、なんなりと聞いてください。 他のマテリアル情報はこちら http://blog-asukai.dlwh.jp/?cid=7 その他 これらのスキーのお買い得情報はこちら http://blog-asukai.dlwh.jp/?cid=6 どうぞよろしくお願いいたします。

進化したグラススキー用具の話

 お花が綺麗な季節になりました。 フルモデルチェンジしたDLWH WC-X48mmエレメントシリーズ 最後の大切な部品の説明は 「第3世代サムライサイドガイドです。」 「引っかけ」が面とられていて、ビニールに穴が開きにくく、 開いたとしても、横に伸びたバーがあるので突き抜けず、 ビニールを守ります。 松原さんのアイデアでした。 制作にあたっては、金型をどこでどう割るようにするか? 実の所、細かい部品の割にはコストも高く、 金型の切削も難しく、金型堀には苦労が見受けられます。 しかしこうして、 ビニールをかけたグラススキーのどこにも隙間が開かずに 綺麗に止まっているのを見ると、 ビニールが長持ち、 ゴミが入らず部品が長持ち、 油が長持ち、 良い事ばかり… グラススキーのあまり興味がなくこのブログを拝見いただいている多くの方々には意味不明かもしれませんが、 この新開発は、 私のグラススキー歴21年の集大成と言っても過言でない、 夢の新商品。 「グラススキーにゴミが入らないサイドガイド」 大きくなった、フロントのスーパーラウンドガードとの併用で効果があるのですが、 ゴミが入らないグラススキーは、夢のグラススキーなのでした。 WC-Xシリーズには標準装備。 ECOグラススキーなど、オプションで付けることもできるのでご相談ください。

グラススキーの製造が始まりました。

 いつもお世話になっております。 ゴールデンウィーク最終日のグラススキー教室のご参加の皆様、本当にどうもありがとうございました。 皆さまの上達に沢山の元気を頂きました。 その時の模様はまた掲載させていただきます。 さて、本日より、本格的なグラススキーの組み立て作業が始まりました。 いくつかの新しい部品の紹介をさせていただきます。 エレメントが大きく変わり48mmのシャープボディーで横滑りしなくなったのは、 先にご紹介させていただきました、また大型ラウンドガードも。 今日は、 ウッドボディー、 ステップ台、 更には 新型48mmプラスチックプレート です。 メタリックレッドのカバーとウッド、 ホワイトの「ステップU」です。 「がんばれニッポン」のハートで、 全世界のDLWHの選手は皆この色を使います。 本日発売のSG6月号の特集では全て「メタルレッド」になっていて、ホワイトがありませんが、 変更になりました。 プレートは 前後非対称なので、 取り付けの時に間違えないように気をつけましょう。 前に「矢印」が書いてあります。 前から来た衝撃を逃がし、 後ろは長いので、横滑りしないでグリップします。 2本の補強バーは 従来、それが邪魔で振動を生んでいましたが、衝撃が斜めに逃げるデザインになっているので、 スムースに回ります。 また、2本の補強バーがエッジの強さを補強しています。 これも横滑りしない工夫です。 エレメントとの取り合わせも良くなりました。 突起の一部がプレートから出るので、ハンマーでたたいて、 プレートが外れないようにブロックできます。 裏は、補強がなされ、 ベルトや、E-ringなどの凹凸に影響を受けず プレートが収まるようになっていますが、 くれぐれも、金属のハンマーを使わないようにお願いいたします。 以前の厚みがあるプレートは9g そのプレートの裏をくりぬいたものは7g 今回の新しいプレートは 5gしかないので、 乗り心地は良いですが、 少しデリケートです。 これから金曜日のスキーグラフィック7月号から 3か月技術連載の撮影まで、 徹夜でがんばります。 これはスポーツモデルです。

進化したグラススキーの話。

 今日は、初のふじてんでした。 富士山がとてもきれいで、でもまだ雪がたくさんあって、八王子の方が現在、行方不明になってしまっているそうで、一生懸命に捜索されている方もいらっしゃるんでしょうし、ご本人も頑張っておられるのではないでしょうか。どうかご無事を! さて、今季のグラススキー 「フルモデルチェンジ」させていただきました、 その中でも駆動部分のエレメント関係は、前回ご報告させていただきした。 「20%の軽量化 80%の強度アップ 新型エレメントでグリップ大幅アップ」 今回は 「スーパーラウンドガード」のお話です。 従来のラウンドガードは ①グラススキーを傾けたときに地面にすらない(世界初ラウンド形状)、 ②レールにガードを取り付けているので、ウッドのたわみを活かし、ターンがしやすい。 (ウッドに取り付けているモデルは滑りづらいはずです。直しますのでお持ちください) こんな事が良かったのですが、 ①厚みはあるのに割れてしまう。 ②ウッドや、グラススキーの下部のガードが不十分・・・ そんな改善点がありました。 今回は、 ①まず圧倒的に強く、接触時にエレメントがスルーする。 ②グラススキーのエレメント、下部、ウッドを全て守る。 ③草を巻き込まない そもそも、なぜこのような変化をグラススキー用具に求めるようになったのかというのが次の画像です。 分解写真の中の右下のようなエクササイズから、展開していくと、 身体の軸を直線にして、その分、切り替え直後から軸を倒しこむような、 滑りが有効とされてきているからです。 この画像の協力は、 DLWH強化指定選手の前田知沙樹選手、 日本では長野県連所属ながら、 スキー王国オーストリアで、リリアンフェルトスキークラブにも所属する。 スーパーチルドレンです。 「スーパーラウンドガード」 この後、DLWHでは各地で、試乗会などを開催予定です。 お問い合わせはいつでも 090-3042‐9826まで24h頂けましたらと思います。