新谷 起世のブログ

☆チームディーエルベーハースキークラブ 冬の活動のお知らせ☆

今季もスキーレッスンを開催させていただける運びとなりました。
皆さまのご参加を心よりお待ちすると共に、私たちの活動の周知をどうかよろしくお願いいたします。

DLWHスキークラブの活動は、スキー塾DLWHの活動と併せて、菅平高原パインビーク大松ゲレンデにて、12月から4月までのほぼ毎日、レーシングレッスン、テクニカルレッスンにご参加いただく形で開催されています。
 
レーシングレッスンでは、大松ゲレンデでの多彩なコースシュツエーションや、安定した硬いバーンコンディションで素晴らしい練習が可能です。また、毎回タイミングシステムを使い、タイム計測ができる事、ただ滑るだけの練習ではなく、コーチが手本を示す、滑り方を基本から教える事ができるなどの他のレーシングプログラムとは違った指導をさせていただくことも可能です。

テクニカルレッスンでは、新谷起世コーチ他現在全日本スキー技術選手権で準決勝以上に進出している選手をはじめとして、魅力的なコーチが、レッスン形式で承認数によるグループレッスンを展開しています。
「居残り練習」「早朝練習」等で、お客様のニーズに最大限こたえられるようスケジューリングをしております。
また、
東京都スキー技術選手権前に行われる、岡田利修コーチによる、技術選手権直前対策キャンプも好評開催中です。

コーチングスタッフは、岡田利修、新谷起世、飛鳥井匠哉、後藤一成、外山祐介、等、
世界を舞台に活躍する選手やコーチ達で、「競技スポーツ」「テクニカル部門」としてスキーを日々研究している精鋭コーチたちです

○ スキー塾DLWH
レーシングプログラム・
会費 1日7,000円 (レッスン、リフト)
テクニカルプログラム・
会費 1日7,000円 (レッスン、リフト)
*小学生は1,000円割引

○ TEAM DLWHスキークラブ

入会金 10,000円 
年会費 10,000円
毎回のトレーニング会費 2,500円から3,500円・・・

*毎回の会費について、平日の少人数開催やスペシャルキャンプ等は料金が変更になります。
(夏季と冬季は別々の登録となります。)

提携宿泊施設 ウッドラフ 1泊2食付 (大人 7,000円 子供 6,600円)

○ 問合せ先 申込先

URL http://dlwh.jp/
メール asukai@dlwh.jp ,yukiyo@dlwh.jp
 TEL/FAX 042-645-6691 
担当 飛鳥井(アスカイ)090-3042-9826 新谷 090-2784-4015

*ご参加に際しましては、自己責任とし、万が一の怪我などの際にも主催者に責任がない事をご了承のうえご参加ください。
*シーズン中、お休みをいただく事がございますのでご了承ください。
 

☆第2回OKADA RISHU CUP大会要項☆

第2回OKADA RISHU CUP大会

本日より申し込み開始です!!

申込書
http://www.skinet.jp/exec/conv.cgi?cid=4&id=73

フェイスブックページも始めました!!
http://www.facebook.com/pages/%E7%AC%AC2%E5%9B%9E-OKADA-RISHU-CUP/283999524964248

大会要項

2回 OKADA RISHU CUP 大回転・回転・コンビ[参加資格:オープン]

◎本大会はナスターレース協会公認大会です。

SL競技はナスターポイントの算出は行いません。)

SLGS2本制、コンビは1本制です。

◎本大会はナスター公認レースと組別レースに別れますが、重複しての申込みは出来ません。

4日のSL・コンビ種目の出場について

 キッズⅠ・キッズⅡの選手はコンビへの出場となります。

 チルドレンⅠ・チルドレンⅡの選手は種目を選んでの出場となります。

 一般の参加選手はSLへの出場となります。

34日、朝のゼッケン配布は、スキーセンター内です。

組別     キッズⅠ 男子・女子(200311日~200541日生まれ)

キッズⅡ 男子・女子(200111日~20021231日生まれ)

チルドレンⅠ 男子・女子(199911日~20001231日生まれ)

チルドレンⅡ 男子・女子(199711日~19981231日生まれ)

一般   男子・女子

主催・主管  TEAM DLWH スキークラブ

協力・公認  NPO法人ナスターレース協会 協力 菅平高原スキークラブ 

協賛     株式会社ジャパーナ、株式会社ウベックススポーツジャパン、月刊スキーグラフィック、有限会社ダイチ

場所     菅平高原パインビークスキー場 ファミリーコース(GSSL・コンビ)

競技種目   GS.SL.コンビ

参加資格   どなたでも参加できます。

日程     201213日(火)[全選手GS 2本制]

 8時    ゼッケン・プログラム・参加賞交付

                      (スキーセンター内)

                 930分  GS競技開始

                             1本目終了後2本目セットチェンジ、インスペクション、

2                             2本目競技開始。

   14日(水)[キッズⅠ・Ⅱ→コンビ 1本制、チルドレンⅠ・Ⅱ→選択し

  たどちらかの種目、一般→SL 2本制]

8時    ゼッケン・プログラム・参加賞交付

(スキーセンター内)

930分 コンビ競技開始 

終了後SL1本目競技開始

*詳しいタイムスケジュールは配布のプログラムと本部及びゴール付近に掲示する公式掲示にてご確認下さい。

2日(月)にトレーニング会を開催致します。参加ご希望の方は当日、第一クワッドリフト乗り場付近にて当日受付を致します。参加費は3,000円です。

(トレーニング時間・種目・コースは前日の夕方頃に決定致しますので、参加ご希望の方はお問い合わせ下さい。090-2784-4015新谷まで。)

競技方法 

1.13日の競技をGS4日の競技をコンビ・SLとします。

2.全日本スキー連盟競技規則によるも、本大会のために定められたものを優先します。

3.個人競技とし上記の組別による。

4.スタート順は各クラス、ナスターポイントの有無に関係なく申し込み順になります。

表彰

1.競技終了後に準備出来次第ゴール付近にて表彰します。

2.各組共、TEAM DLWHスキークラブより各種目1位~6位まで賞状及び商品を授与します。

3.表彰式に本人が不参加の場合は受賞の権利を失います。

申込

申込は現金書留、またはWebエントリーの両方で行えますが、Webエントリー可能な選手はナスターIDを持っている選手に限られます。

現金書留の場合

2011111日(火)より受付開始、最終受付は1226日(月)まで。

◇方法、申込用紙に参加料を添えて必ず現金書留にて郵送のこと。

期日以外の消印の申込は受け付けません。

◇申込先

1920046 東京都八王子市明神町4121 

プロショップ・ダイチ OKADA RISHU CUP 大会事務局迄

Webエントリーの場合

2011111日(火)より受付開始、1219日(月)までに振込み完了のこと。

http://www.nastar-r.com/touroku/web-entry.htm

Webエントリーは1種目ごとのエントリーとなっております。

200円のシステム利用費が発生致します。

期日以外の申込は受け付けません。

1.定員各組あわせて250名まで、定員になり次第締め切ります。ただし若干の大会会長推薦枠をもうけます。

2.参加料

1種目のみの方は5,000円。

両日参加の方は(2種目)8,000円。リフト代別

申込を受けたものは、返却いたしません。但しやむをえない事由により中止の場合は、参加料より経費を差し引いてお返し致します。

3. 申込書にナスターID所持者は必ず記入すること。

(正しくない記入については失格の対象となるので正確に記入のこと。)

*ナスター選手ID登録と問い合わせはNPO法人ナスターレース協会*

TEL03-3481-7146  ホームページ:http://www.nastar-r.com

4.出場者が未成年の場合、保護者氏名と捺印を必ず記入すること。

Webエントリーの方は大会当日に保護者の方の署名をお願致します。)

宿泊

ご希望の方は大会本部までお問い合わせ下さい。

注意

1. 開会式及びキャプテン会議(選手会)を行いませんので、本部及びゴール付近に掲示する公式掲示を確認のこと。

2.本大会出場者はクラッシュヘルメット及びスキーストッパー(市販のもの)を必ず着用のこと。

3.参加者は必ず傷害保険に加入のこと、万が一事故が発生した場合、応急処置は致しますが責任は負いかねます。

なお傷害防止については参加申込書に記載の通り充分に注意し、自己の責任において参加すること。

大会本部 

プロショップダイチ

1920046 東京都八王子市明神町4121

TelFax 042-645-6691

090-3042-9826 飛鳥井 http://blog-asukai.dlwh.jp/  

090-2784-4015 新谷 http://blog-yukiyo.dlwh.jp/

 

TEAM DLWHスキークラブ 

URL http://dlwh.jp/top/ 

E-mail asukai@dlwh.jp




☆第2回OKADA RISHU CUP開催いたします!!☆

2012年1月3・4日 菅平高原パインビーク大松ゲレンデにて

第2回OKADA RISHU CUPを今シーズンも開催いたします。
申し込み受け付けは

明日

11月1日より、現金書留とWebエントリーにて受け付けを開始致します。

しかし・・・・
現金書留での受け付けフォームを現在まだ制作中でして・・・・
出来あがり次第、すぐにお知らせ致しますので、もう少々お待ち下さい。

Webエントリーは、ナスターIDをお持ちの方に限りますが
明日以降
http://www.nastar-r.com/touroku/web-entry.htm

こちらから行えます。

多くの皆様のご参加をお待ちしております!!


 

☆第4回さぬき空港公園祭り♪☆

今週末はふじてんには行かず、お店でグラススキーを作っています。
シーズンは残すところ後わずかなのですが、私にとってシーズン最後のお仕事は

毎年お招き頂いている

さぬき空港公園まつり!!
 http://sanuki-airport-park.com/
今年で4回目の開催です。
(11月5日(日)香川県高松市 )

ここでは可愛いグラススキーヤー達に会うことができます。


そして四国で頑張る皆様ともお会いできる貴重なイベントです!!
今回は試乗スキーも各サイズ持参致しますので、多くの方々に
「最新のグラススキー」に乗って頂き、知って頂きたいと思います。



皆様お楽しみに♪



☆今季最後のビッグイベント 都留グランドチャンピオンシップ!!☆

 毎年恒例の都留のグラチャンンに今年も参戦させて頂きました。


グラチャンとは
サンパーク都留グラススキー場にて5月から10月までの6ヵ月
毎月1回開催される月例大会(ペナルティポイントあり)で男女の各優勝者に出場権が与えられ、その権利を手にした人だけが出場することのできる、
ペナルティポイントなしの

ガチのレース!!なのです。

これがまた大変見応えのある大会になりました。

いつもと少し違ったコース設定で行われたため、
ゴール直前でドラマが起こりまくりました。

ジュニアの選手が滑った前走4名、
全員が転倒・・・・

最終ゲートのみ少し修正してレースは行われました。

セットを見て、難しいと分かっていたので
作戦は形に拘らずとにかくゴールすること。

ラインを上げる所では躊躇せずにフルでラインを上げる。
甘く見積もらず、本気で守るところは守るのです。

そんなこんなでとても恥かしい滑走スタイルになっていましたがゴールしました。
男子選手と比べタイムもなかなかでしたので良かったです。http://www.facebook.com/video/video.php?v=172164509539063

画像を見ていだだける方へ
コース下部、右側の可愛い応援に注目!!
とっても可愛いですよね。

ご尽力頂きました皆さま、
素晴らしいレースをありがとうございました。


グラススキーシーズンも残りわずかとなってきましたが、
最後まで週末グラススキー教室は開催しておりますので是非ご利用ください。


☆全日本グラススキーテクニカル選手権大会☆

週末は斑尾高原にてテクニカル選手権が行われました。
この度も斑尾スポーツアカデミーさんには大変お世話になりました。
ありがとうございました。
http://d.hatena.ne.jp/sports-academy/

競技とは違った楽しみがこの大会にはありますが
こちらはこちらでやはり、これに向けた練習が必要だなと・・・
感じました。

気をつけることや滑りのテーマは競技の時と同じなのですが、
ゲートが無いのでタイミング取りにくく、
どうしても「軸を整える」という動作がうまく出来ませんでした。

冬のスキーでも大事な課題になるので練習を重ねたいと思います。

男子はなんと大地が優勝するという結果になりビックリしました。
ターンのスムーズさ等が評価されたようでした。


今回の結果で
3期目のJGSAデモンストレーターに認定して頂きました。
(前回の日記で2期目を目指す。と書いたのですが3期目でした、スミマセン・・・)
2年間、グラススキーの面白さを伝える活動を一生懸命やらせて頂きたいと思います。
他の4人のメンバーさんと共に頑張ります。


ご参加の皆様お疲れ様でした。

チームのトレーニングにご参加頂きました皆様ありがとうございました。



☆お祝いして頂きました☆

今日は会社で全日本のお祝いをして頂きました!!

なんとシーキューブのケーキを頂きました。
とっても美味しかったです。

今後も頑張りたいと思います。


今週末は斑尾高原にて行われます、テクニカル選手権に出場し、
2期目のデモ認定を目指します。

ゲートレッスンも行えますので是非ご参加ください。 

☆チーム戦への思い☆

高円宮牌グラススキージャパンオープンではチーム戦が行われ、
優勝チームには高円宮久子殿下より高円宮牌と賞金が授与されます!!

TEAM DLWHは現在6連覇中で、記録を更新中です。

今年も3つのチームでエントリーし、目標だった
1・2・3フィニッシュを成し遂げました。 

私たちのチーム編成は
外山会長を中心に飛鳥井さんと私で話し合いをさせて頂いているのですが、
今年はちょっと変わっていました・・・

例年、同じくらいの強さになるようメンバーを振り分けるのですが、
今年は飛鳥井さんの強い希望があり、
飛鳥井さん・利修さん・外山さん
という大人チームがまず最初に決まりました。

外山会長によって、算出される
「期待値」
に基づいて振り分けた結果と

飛鳥井さんのユーモアによって
バランスをとっていくのです。

今年つくられた
too old
too young
Alles Gute

期待値的には私の属する
Alles Guteはチームの中で3番手だったのですが
田中善之選手、田中一輝選手の期待値を超えた活躍によって2位に入ることが出来ました。
そして今年よりグラススキーを始めた武島綾香選手も天才的なエッジングを持って、初めての大会を全種目完走し、成績を残しました。

若い選手がよく頑張った大会でした。

今回のチーム名について。。。

まず最初に決まった
飛鳥井さん・利修さん・外山さん・さゆり
チームに自然と
too old
という名前が付き
(小学4年生のさゆりには可哀想でしたが・・・)

それに伴い
ちさき・まりの・達彦・岳秋
の小中学生チームは
too young
に決まった。

私のチームは、この流れだと
too middle
となりそうだが、なんだか微妙・・・
やはりカッコよさが必要なので
考えて
思いついたのが
Alles Gute!!

ドイツ語で
「幸運を!!」
という意味です。

マリア・グッキンでいつもお世話になっている
ペーシック・マンフレッドコーチが
私たちを送り出すときにいつも言ってくれる言葉。

我ながら良い名前を思いついたと思ってしまいました。
そして、名前の通り
幸運を運んでくれました。





☆上野動物園に行きました☆

月曜日、ヤン選手が一人でお店にやってきました。
どこかへ案内してあげようと考えて、思いついたのが

上野動物園


ヤンも私もパンダを見たことがなかったので
一緒に行くことにしました。

混んでたけど十数年ぶりの動物園と、
やはりパンダを見れたことで
とても楽しい1日になりました。






動物園の後は
ヤンのリクエストの回転寿司に行きました。

喜んでくれ、楽しんでくれたみたいで良かったです。

☆全日本グラススキー選手権大会・高円宮牌グラススキージャパンオープン☆

全日本と高円宮牌が無事終了いたしました。
チームのみんなは誰も怪我することなく、
今までにないくらいそれぞれが良い成績を残すことが 出来た大会だったと思います。

おかげさまで、私自身も全てのレースで優勝することができて、
ほっとしています。

高円宮牌のチーム戦では今年も
1・2・3フィニッシュを飾ることができました。

これも全て、大会に同行し、ご協力下さった
後藤さんをはじめ、保護者の皆さまのおかげです。
本当にありがとうございました。

今回はインスペクション時に荷物を運んでくれるトラックがなく
全ての選手の荷物を保護者の皆さまにリフトを利用してスタートまで上げて頂きました。
重たいバッグをリフトに乗せ、更にリフトから下ろして運ぶ・・・
とても大変な、疲れる作業だったと思います。
2日間本当にありがとうございました!!

今年もチェコ・スロバキア・台湾の選手たちが
チルドレン、ジュニア、一般の各クラスにエントリーしていて
熱い戦いが繰り広げられました。


以前なら日本人選手はなかなか勝つことが出来なかったのですが、
今回はいい勝負しました!!
この結果はきっと沢山に人に新しいモチベーションを持たせてくれたと思います。

2013年に向けてグラススキーをがんばる!!
そう思ってくれた選手が沢山いたんじゃないかなと思いました。

私も今回は大会をとても楽しむことが出来ました。
緊張はしたし、セットに対して不安な気持ちになることもありましたが、
でも楽しかったです。

「レースを楽しむ」
って最近はずっと忘れていたことでした。

忘れていたし、そんな余裕がなかったです。

でも、どんなに嫌なことがあっても
辛くても
やめることが出来なかった理由は

ただ単純に
私グラススキーが好きなんです。

グラススキーがない生活を考えることができないのです。

今年の世界選手権を終えて
やっと、そんなことも考えることができるようになって
それじゃあ遅いんですけど、
でもそれが私なんです。

ちょっといろいろ
分かってきた今日この頃です・・・